2009年01月15日

木朝

昨日遅くまで戦略考えてたらだいぶ寝坊。いかんな。
まずは生活リズムを安定させよう。今日は23時までに寝るっす。
posted by yu at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水夜

若干風邪気味なのか、朝弱いし集中力も低い。
なのでここ2日間ぐらい5月13日までの逆算した戦略・スケジュールを立案してました
もっと早くやるべきだったけど、色々整理できたし良いアイデアも浮んだので気にしない。

内容の戦略としては、大雑把に言うと、
当たり前だけど、@覚えるA解くB書く、を繰り返すだけ。
あと、論文と択一のインプットを出来るだけ融合させること。

・@覚える
たぶん論文で使う定義趣旨判例の規範とか問題の処理パターンとかは、A4のファイル一冊に収まる程度の分量になる予定。2in1で縮小両面コピーしてるから全科目でも100枚いかないぐらいかな。これを正確に再現できるレベルを目指す。内容的には論文知識+若干αな感じ。
これでカバーできない、細かい条文知識と百選外判例は、薄いテキスト通読とチェックした条文の高速回転で何とかする。スタ短の復習でもある程度カバーできる。
全科目共通して百選は重要視。百選掲載判例で特に重要なものは、判旨長いものも読んでみる。
通読ばかりだと飽きるから、択一過去問(新試全問と旧試セレクト)をやる。ただし、通読に飽きたときだけやる。

・A解く
午前中頭が冴えている時間に、論文問題を解きまくる。答案構成を15分以内で繰り返す。問題分析して分からないなら直ぐに答えを読む。上記A4ファイルを参照して関連付けて覚える。
目的は、「標準的な」構成を誰よりも迅速に正確に想起できるようにすること。つまり、処理パターンの定着化。問題分析の瞬発力。
1科目50問ぐらいあるかも。民訴民法商法はもっとあるか。もっとも、旧試の重要過去問は何度もやったので切り口の確認程度になるはず。
簡単な構成をポストイットとかでメモしておく。次やるときより良い構成ができたら交換する。ただし、あまり綺麗にメモを残そうとしない。あくまで頭の中に残す事がメイン(ここが今までの失敗経験からして超重要!)。疑問点とかは、一応解説やテキストで確認して不明なら無視。

・B書く
毎日書きたいけど、週3問がいいとこだろう。理想的な早い書き方を見つけるため10分写経は出来るだけやる。4月の直前模試後は毎日2時間書いてみようと思う。説得的な事実評価をノートにメモる。

この計画で大事なのは、
納期までに終わらすよう頑張る、
けど終わらなくても次へ進むこと。
不安になるけど兎にも角にも進むこと。

そんな感じで頑張ります。
posted by yu at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

思うに

今まで記憶(復習)することを怠ってきたツケが回ってきている。
不正確な定義・趣旨・規範等々。

しかし、「なんだっけかなぁー」って思い出しながら曖昧ながらも、
とりあえず答案の形が出来上がってしまう。
そうすると、一応の論文が書けていると錯覚する。

こんな状態は本当に危険だな、って思う。
もちろん表現の正確性だけでなく運用の正確性も含めての話。

基本的な事項ほど、いつでもどこでも正確に使いこなせるようにしたい。
「当たり前の事を驚くほど出来ていない人が多い」
って感じの事を旧試1位の方が講座で言っていたけど、
まさに自分の事だなって思いました。
posted by yu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

スタ短刑事2

結果。
刑法36点
刑訴39点
合計75/100点
平均は69点ぐらいだったかな。

以下感想。
刑法は、判例の知識が定着してないようだ。
刑訴は、池田前田の通読が効いている。池前の公訴公判は楽しい。
しかし、忘れているところも多かったので要注意だ。印付けた条文を素読しよう。


早起き出来ているけど、結構疲れてきた。
ここが踏ん張りどころだな。
がんばれ自分。負けるな。


それにしても、選択は倒産なんだけど、全然進んでいない。困った。
冬休みに回すつもりだったけど、殆ど未消化。困った。
おそらく、トータルであと10日前後しかやれないだろう。


posted by yu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 短答模試結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

戦略メモ

・択一で安定して9割取れるようにする。
・択一と論文のインプットを出来る限り、リンクさせる。
・科目ごとの問題分析方法、処理パターンを用意する。
・出力を上げて4時間で15頁以上書けるようにする。


こんな感じでやってみようと思う。
肢別本や問題集は去年結構解いたのであんまやらない。旧試択一過去問は3年分ぐらいやっとくけど。あまった時間を論文対策や通読に回そうと思う。通読命で行こう。条文・基本書・重要判例。


TKC個人成績表でましたね。まぁ、一回分の模試に過ぎないのでそこまで深く分析しなくていいかな。問題変なのあったし。ちなみに、256点で偏差値60.2でした。315点には全然足りない。。。
posted by yu at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

締め切り効果

残り127日になります。一日も無駄に出来ません。
もちろん適度な休息は必要です。
しかし、今の時期は、休みは2週間に半日〜1日ぐらいで充分な気がします。

今のところ目指している生活リズムは、朝7時半から夜7時までに10h勉強時間を確保すること。余剰時間は1.5hのみ。
この11.5hをコアタイムとして最大限集中する。
こうやって、デットラインを決めれば「締め切り効果」により集中力が強化されると思う。

ここ何日かの反省点。
まず、昼飯タイムをもっと短縮したい。
昼飯を店で食べようとすると、たしかに気分転換になるけど、ついつい食べ過ぎたりして眠くなる事もしばしば。平均1hぐらい消費してしまう。明日から30分と決めてしまおう。
次に、夕方の4時半過ぎに集中力が激減する。
しかし、家に帰ると割りと回復するので、たぶん精神的疲れ・飽きに過ぎない。3時頃に「おやつタイム」を設けようと思う。色々バラエティー溢れるおやつで気分転換でもしよう。しかも、糖分で能力アップだ。

上記のような計画であったが、ここ3日間、平均7hぐらいしか最大集中といえる勉強が出来ていない。ノーカウントが1hあったし。明日何とか現状を打破したい。

それにしても、勉強内容と時間をその都度記録しながら、1分1秒を有効活用しようとすると、一日が高速で終わっていく。気付いたら夜。
127日なんてあっという間だなと思ってがんばります。
posted by yu at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

本の読み方

本試験まで残り128日らしい。
困った。やりたいことが山積みだ。択一7科目はキツイ。

アメリカの大学院では、一週間に10冊の専門書をアサインされるらしい。
一週間に10冊って。。。
高速回転法とは少し違うかもしれないけど、そのぐらいのスピード感が今は欲しい。


今、私が読む際に意識しているのは、
@どの項目の話なのか
A択一・論文で問われそうな知識・視点か、そうなら印を付ける
B少しでも疑問なら無視する、印を付けておく
C線を出来るだけ引かない・色塗りをしない、ということ。

こんな意識で、今日池前を104頁読んでみました。結構1頁あたりの文字数少ないと思いきや、注まで読んだら4時間ぐらいかかってしまった。でも、条文や細かい判例をだいぶ整理できると思います。

もっとスピードUPを図りたい。今はまだ、意識が散漫になったり、無駄に線引き出したり、疑問点で悩んだりしてタイムロスになっているから、まだまだ改善できるはずだ。

ただ、知識の関連性や比較について考える時間はあってもいいかなと感じる。記憶のキッカケにもなるはず。しかし、とりあえず今は高速で何度も回転したほうが全体における得点率は高いかな。

刑訴択一について。肢別本は結構前に2回やった。4時間前後で回転できるけど、多肢択一問題集もやるべきか。問題集は記憶のキッカケに過ぎない、いわゆる飽きるの防止策。池前もっと早く読めるならいらないかな。

あと、一つのことに熱中せず、30分ごとに科目を変えるべきだなと反省。午前は行政百選や成短民法も読んでたけど、昼から夕方までずっと池前読んでて精神的に疲れた。
明日はどんどん科目換えします。
posted by yu at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

土朝

やっと早起きといえるような時間(6時台)に起きれるようになってきた。
それでも、このブログに5時台で訪問してくださっている方もいらっしゃるので、
まだまだ自分は甘ちゃんだなと思う。
少しづつ早くします。明日は6時半起き。


○三毒追放
去年の12月から、勝間和代さんの手帳を使っています。
色々とビジネスに使える考え方が随所に書かれていますが、
特に自分の中で大事だなと思えたのが、「三毒追放」でした。

「妬まない、怒らない、愚痴らない。」

上手くいっている人を見て羨ましいと思ったとき、
それを妬みにかえるのか、いつか追いついてみようと戦略を立てるのかは大きな違い。
戦略を立てようと思えば、そこに向かってアンテナが立つので、
必要な情報が得られ、効果的なアウトプットにつながっていく、と。


私は昔、「すごい人」の存在を知ったとき、
羨ましいと思うと同時に、卑屈になることが多かった。
でも、この考え方だと、「すごい人」に出会うたびに強いストレスが発生し、
次第に「すごい人」と出会う機会を無意識に回避してしまうおそれがある。
これでは、「すごい人」から色んな事を吸収して成長していく機会が失われてしまう。
おそらく、自分の中の「プライド」が邪魔をしているのだと思う。
こんな「プライド」はいらない。


ライフネット副社長の岩瀬大輔さんは、すごい人に出会うと、
「ワクワク・ドキドキ」するそうです。

「そういう人と一緒に時間を過ごせるだけでとても幸せな気持ちになってくる。」
(その人が可愛かったら「スーパードキドキ」もするようです。)

私もこのような気持ちで人と接しようと思います。



○性格・人格
最近、「自分はこうゆう人間だから」・「性格は直らない」とか言っている人に違和感を感じる。
もちろん私も、自分の性格を客観的に分析評価することはあるが、
あくまでも現時点での性格に過ぎないと思っている。
環境や行動によって、性格、ひいては人格は変わりうるし、
成長するものだと思う。








posted by yu at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

初記事

今年の抱負。
「何でも挑戦すること」。
法律を沢山勉強することは当然ですけど、専門知識しかない馬鹿になりたくない。

あと、もう一つ。

それは、「誰にでも、まずは善意で接すること」。
学歴・肩書・性別・背景知識等は考慮要素の一つに過ぎず、決定打とはならない。
当たり前かもしれませんが、忘れやすい気がします。
メディアリテラシーにもつながるはず。
posted by yu at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。