2009年02月03日

20年ヒアリング

発表されましたね。やっと。
かなり踏み込んだ内容になっている科目もあります。
特に憲法。
相変わらず要求高いな。
憲法の出題の趣旨・ヒアリングを読んで
個人的に配点のポイントだなと思ったこと。

@国民側にとって効果的な手段をあげる。
A制約されている自由を事実に基づき具体的に説明する。
B違憲審査基準を厳格・緩やかにする理由を説得的に書く。
C事実に基づいた具体的な当てはめ。
Dその他として、適用・法令違憲の区別、原告被告の対抗的主張

過去問書きまくって、訓練するしかないかな。
あと、原告側で違憲審査基準書くかって問題もあるけど、
19年、20年の趣旨と19年のヒアリング読む限りでは、
原告側で詳細な記述が求められているようなので、
必要な気がする。
そうすると、私見で当てはめしずらくなるような気もするな。
まぁ、ここも訓練しまくるしかないか。


刑訴は結構受験生のレベルが平均的に高かったのかな?
少し褒めてる。

日記が要証事実との関係で明白に伝聞証拠って書いてあるけど、
初めは疑問に思った。

※出題の趣旨とヒアリングを誤読していたことに後で気付きました。なので、上記疑問は単なる勘違い。Wの供述過程が存在している以上、伝聞証拠であることが明白。
でも、このWの日記が伝聞証拠であることを認定する際に、甲の供述が絡んでいる部分については、「内容の真実性が問題となっていること」を認定する必要がないと思うんだけど、なぜなのかがよく分からない。Wはある意味、録取者だから、正確に原々供述者甲の供述を日記に記載したかが問題となっているんだけど、これが供述内容の真実性ってこと?甲の供述が要証事実との関係で内容の真実性が問題となっているか否かは、メインの争点として書くことになるってのは分かるんだけどね。
posted by yu at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。