2009年03月05日

ヒアリング

第三回新司法試験のヒアリングが公表された。公法と民事だけ。
今年は既に採点実感が公表されていたため、例年以上に丁寧な運営となっている。
速読した感じでは、公法が割と詳細な記述になっている。民事系はあっさりな感じ。
posted by yu at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木朝

今、藤田広美「解析民事訴訟法」に脱帽している。
旧試の過去問の解説が付いているから。
説明のない問題もあるけど、中には5頁ぐらい使って詳細な解説をしてくれている(特に事例問題)。
相変わらず、原理原則本質から説明するスタイルに感動。
まぁ、あと70日しかないのに読み込めるのか不安(しかも515頁)だったけど、講義案(書研)を何度か読んだから、ヒロミの免疫は出来ている。なので、たぶん平気だと思う。夜寝る前に読むつもり。

どっちみち、旧試民訴の過去問はもっと検討しようと思っていたから、ちょうど良い感じだ。
ちなみに、「講義民事訴訟法」は、記述が講義案(書研)とほぼ同じなので、買わなかった。ただ、講義案は、判例索引がないので悲しい。
猪瀬さんは「カズユキ」ファンらしいけど、自分は「ヒロミ」ファンでいこうと思う。

他の科目も、旧試問題を題材に(法改正に対応させて)、教科書だしてくれたらいいのになぁーって思う。民法とか刑法とか。
posted by yu at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水夜

●体調
一日中悪かった。朝から偏頭痛。昔、偏頭痛が酷くて入院したことあるので、嫌な思い出が頭をよぎった。

●刑事系ノート
今話題のハンドブックを、全集約コピーしてA4ファイルに参入させた。A4両面2イン1で、25枚。論文で正面から出題されるテーマは、半分に満たないと思う。刑事系は狭く深くだし。
刑訴の元旧試験委員は、「だいたい30問程度の重要な問題をしっかり勉強すれば大丈夫」だって。
個人的にも過去問を見て同じ感想。ただ、判例はもっと必要だな。

刑訴ノートは、「書いた人、わかってないなぁー」って部分もあるけど、問題潰しながら修正していくつもり。
刑法は、自分の理解不足で何もいえない。ただ、今更完璧な準備はできないので、まず記憶する事が大事。問題演習を通じて使いながら理解していく。

●訴因変更の可否
「公訴事実の同一性」(広義)は、単一性かつ狭義の同一性って、田口とかに書いてあるけど、たぶん誤解を招く表現。ただ、自分の理解も不足していて正確に説明できない。つーか、訴因変更は嫌いだ。この嫌いだって思う原因は、正確な理解に基づく処理手順が確立できていないからだろう。本試験で出されたら本当に困る。。。明日、安富先生の黄色い本でも覗いてみようかな。
posted by yu at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。