2009年04月28日

体調不良

一昨日から腹の調子が悪かった。
座っているのがつらい。

今日は3時頃起きたけど、布団から出れず、
六法ペラペラ読みながらゴロゴロしていた。

だいぶ回復してきたから、
午後からフルパワーで始動するつもり。

残り14日と半日。
posted by yu at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

残り17日間

昨日に続き、目覚まし無しで4時半に起きれた。
このぐらい早いと、23時には自然と気絶できる。
生活リズムはいい感じ。
5月10日までこんなペースでいけたらいいな。

しかし、直前期特有の「勉強の集中力がイマイチ低い」状況なので、
今日からテンション上げていこうと思う。
ここで上げなきゃ、確実に後悔する。

とりあえず、過去の事・将来の事は差し当たり度外視して
今日から17日間の事だけを考える。
posted by yu at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

受験票

無事届きました。
試験地、五反田TOCでした。

残り21日間。
弱点を端から潰すのみ。
posted by yu at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

相殺の抗弁の既判力

旧試平成16年第2問の設問2について。
少し、省略しながら事例を紹介すると、

Xは、Yに対し、200万円の貸金返還請求訴訟を提起(甲債権)。Yは、Xに対する300万円の乙債権を自働債権として訴訟上の相殺を主張。これに対して、Xは、乙債権全額の弁済の抗弁を提出。裁判所は、甲債権の存在、乙債権は存在したが、全額弁済された事実の心証を得た。
この場合の裁判所がなすべき判決とその判決が確定したときの既判力につき論ぜよ。




判決としては、Xの請求について200万円全額の認容判決をすべきでしょう。

次に、その確定判決の既判力がややこしい。

まず、甲債権については、民訴法114条1項によって甲債権の存在が確定する。

問題は、乙債権についての既判力。
乙債権は、相殺の抗弁の自働債権として主張された債権であるから、114条2項によって既判力が生じることになる。
つまり、乙債権が不存在であることは、「相殺のために主張した請求の…不成立の判断」にあたる。
そんで、乙債権のどの範囲が、「相殺をもって対抗した額」にあたるのかというと、乙債権は、甲債権よりも100万円多いから、訴求債権と対当額である200万円の限度で既判力が生じることになる。

って思っていたんだけど、
ヒロミ解析377頁によると、乙債権「全額」の不存在が確定する、って解説してあるんだよね。。。明確に「全額」って言い切っている。
他方、ヒロミ先生の講義民事訴訟381頁によると、「相殺の抗弁が排斥されたときは、被告の主張する反対債権が、相殺をもって対抗した額に関する限り、存在しなかったことが確定され…」って書いてある。
対抗した額に関する「限り」という限定的な表現を用いているところからすると、反対債権全額の不存在を確定させるわけではない、と読める。

自働債権が訴求債権より大きいケースでは、認定された訴求債権額が「相殺をもって対抗した額」のマキシマムになると思うんだけど、ヒロミ解析の記述は、主張した自働債権全額ってことなのかな?おそらく、ヒロミ解析の方がミスなんだと思う。違うかな?
でもまぁ、ミスだとしても全体として解析本は感動的なので継続して読むつもり。

posted by yu at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

残り25日

●民訴
ヒロミ解析本が、面白すぎて困る。
「もっと、あなたと早く出会いたかった。」と心底思う。
原告・被告・参加人・裁判所の利益を具体的に説明する姿勢。
とにかくすばらしい。民訴の旧試過去問の復習と要件事実の復習にもなるから、このまま毎日回転していこうと思う。
あまりハマリ過ぎないように注意だけどね。

●刑法
西田先生監修の「事例で学ぶ刑法」が3周終わった。
答案作成上有益な視点が結構書いてある部分もあれば、もう二度と読む気がしない(必要性が全く無い)部分もある。

●刑訴
ヒアリングの書きっぷりからすると、受験生が理解できていない伝聞法則がまた出題されるような気がする。旧試も6年連続だっけ?何度も出題されていたし。
個人的に、再伝聞の理解がまだまだ乏しいんだよね。
構造的に再伝聞であっても、324条類推構成と供述録取書構成の2パターンあるって時点でややこしい。
「なぜ?」って考え出すときりが無いから、とりあえず、一般的なものをしっかりインプットして使えるようにしようと思う。

あと、再伝聞の原々供述者の供述の伝聞性は認定しやすいんだけど、原供述者の伝聞性ってどう認定したらいいのか、結構悩んでしまっていた。「要証事実との関係で内容の真実性が問題となる」って具体的にどう書いたらいいのか。
一応の考えがまとまってきたので、少しここでアウトプットしてみようと思う。伝聞法則は本当に苦手なので、決定的なミスがあるかもしれません。


以下、具体例を挙げてみます。


少し長いけど、続きを読む
posted by yu at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

残り27日

久しぶりのブログ更新。
本試験まで残り少なくなって、とても焦っています。。。

勉強の進行度としては、
択一は、条文をしっかり読み込んで弱点科目(行政・刑法)を
テコ入れしていけば、290辺りで安定してくるはず。

論文は、相変わらずの知識不足。知らない(見て解らない)知識が多いのではなく、
正確に再現できない知識が多い。回転数が足りない。
択一・論文ともに百選判例の比重が大きいので、
優先順位としては百選を潰すべきだろう、と思いつつあまり進んでいない。

うんうん唸って考えている暇はない。
とにかく高速回転しまくるしかないな。
今週中に、民訴・民法・刑法・商法・行政法の答案構成を後2回転ほどやりたい。
高速、つーか超高速でないと無理か。
いや、困難にあえて挑戦する。
旧試合格者の中には、一日100問以上答案構成していた人もいるようだし。同じ人間の私も出来るはずだ。
posted by yu at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

公開模試終了

疲れたぁー。
4日目刑事系。6+8枚。刑訴の配分を間違えた。。。
答案構成は、刑法30分・刑訴40分だったけど、
刑訴を17分多く書いてしまった。
もっと実益と問題文の事情の多さを緻密に
分析して配分を考えないとな。

模試全体を通じて、時間不足が最大の反省点だった。
典型問題も多い中、時間に余裕がない状態だった。
原因はおそらく、基本事項・処理パターンの定着度がまだまだ低いため、
問題分析・答案構成だけで時間一杯一杯だからだろう。
鉄の基本は、驚異的なスピードを生む。

とりあえず、二日間で模試の復習を完成させよう。

残り37日間。
どうしても今年、合格したい。
全部出来なくても、出来る限りのことをやるのみ。
posted by yu at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

公開模試

今日で公開模試も3日目。右手が痛いぞ。

1日目の択一は、286点。でも、割と簡単な肢の作りだったので、平均点は高いのではないか。と思いきや、A日程の平均点は237.6点。B日程合算でもう少しあがる気もするけど。

2日目選択倒産と公法は、結構やらかしてしまった。選択倒産は、そもそも絶対的な勉強不足。しかも、1週間ぶりの答案作成だったので感覚が少し鈍っていた。本試験の前一週間は、答案作成をしっかり継続した方がいいようだ。とりあえず、条文の要件と趣旨の検討を丁寧にやって8枚書いた。本試験でも全く分からない問題が出たら、同じ感じでやってみようと思う。
公法系は、時間不足と論点落し。処理パターンの訓練が足りていない。憲法・行政ともに実質的な途中答案だった。

中日は、モチベーションが低く勉強に手が付かなかった。これは反省しないとな。

3日目民事系。大問は時間不足。7枚半で実質的に途中答案。時間配分の意識が全く出来ていない。その反省を踏まえて挑んだ大大問は、割と時間配分が上手くいき、14枚半書けた。問題意識が少しずれて答えた部分もあってあまり点が来ない気もするけど。つーか、大問・大大問、どっちも問題数多すぎ。でも、時間的にキツイ問題の方が時間配分の訓練になるから良い機会だった。
配点が高い部分にどれだけ思考と紙面を投資することが出来るか。

明日の刑事系、絶妙な時間配分を目標に頑張ります!
posted by yu at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。