2009年08月29日

残り12日

何となくの主観的評価です。
合格発表後というか,
成績通知後に主観と客観のずれを
確認するために残します。5点刻みで。
法学セミナーを熟読したら変動するかも。


憲法55点:学問の自由と大学の自治。設問2が薄い。
行政50点:道路の実質論書いた。でも,違法事由一つ条文誤読。
民訴60点:主張共通,先行自白。訴え利益,客観範囲,遮断効。
民法45点:要件事実薄い。703条一本。
商法40点:360。計算間違い。50票無視。決議取消と合併無効。
刑法45点:Aに事実上占有。乙窃盗。甲窃盗教唆。後半最薄。
刑訴45点:必要処分中で関連性。任処少し検討。設問2は1頁。
倒産60点:1問目は詰めて8頁。2問目は後半条文処理のみ。
合計点400点。

事実を出来る限り拾ったつもりだけど,どう評価されるか不明だ。
憲法,民訴,倒産が思ったより伸びなければアウト。
民法,商法,刑法,刑訴が耐えられなければアウト。
そもそも,合格者数削減ならアウト。
不安すぎる。寝れねー。


posted by yu at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

残り17日半

試験から4ヶ月も早いもので、
残り3週間を切りましたね。

合否は正直分からないね。
まず、何が聞かれているか確定できないし、
書くべき大項目を充たしても、
順番や表現の優劣も加味される以上、
蓋を開けて見なければ分からない。
相対評価は予想が難しい。

現場での私の文章表現力は
だめだめなレベルだったので、
表現による逆転は期待しない方がいいかもな。

ちなみに、10日は法務省見に行く方向で決意が固まった。
よく考えると移動時間とか無駄かもしれないけど、
発表というイベントを直接経験してみたいから見に行くことにした。

残りの期間は、バイトと旅行と飲み会が詰まってるから、
あっという間なんだろう。

ではまた。
posted by yu at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

世界新

ボルト、9秒58って。。。
すごいとしかいいようがない。

それにしても、日本人代表選手も頑張ってるけど、
1秒近く差が出そうじゃないか。
悔しい。
posted by yu at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多忙・勉強基本姿勢

バイトの準備が終わらないよー。
今週が山場だ。相当な忙しさを覚悟せねば。


■勉強の基本姿勢
今日昼書いた記事読み返して、結構小難しいこと書いてるなぁって思った。でも、漠然と「理解」が大事だって言って、漠然と勉強するのは非効率すぎではないかと、そんな想いを抱いたので書きました。


では、どのように勉強すべきなのか、
ってのは難しいけど、今のところ、

@一つの知識について、出来る限り多くの関連情報を記憶する。
Aアウトプットの際に、似ている情報を記憶した情報から検索して、どこが同じで違うのかを論理的に検証する癖をつける


この2つのアプローチを徹底して意識していくべきなのではないかと考えてます。

@については、「記憶には限界がある」って批判もありえるけど、関連付けて記憶する方法は、エピソード記憶っていうのか、かなり多くの情報を記憶できるって聞いたことあるし、私の経験則上、このような記憶方法の限界ってなかなか訪れないのではないかと思います。ちなみに、私は、単純な記憶能力が高いわけではなく、6回読んでも忘れる知識なんてざらにあります。

おそらく、条文100個の文言をそのまま覚えるとか、判例を500個覚えるとか、そうゆう量的な記憶だと限界はありえるのかなぁって思うけど、「この判例とあの判例はここが同じ」「この論点の問題の所在はあの論点のそれとはこう違う」って情報は、判例や論点の内容を記憶し思い出すキッカケになると思うし、むしろ記憶を強化する方向に働く情報なんじゃないかなと思う。

Aについては、@で記憶した関連情報が検証作業のヒントになるような気がする。
そんで、Aの検証作業が上手くいって、採点者に上手くいった旨伝達できている状態を、試験で求められている「理解」なのではないかと。

まだ合格すらしていない小僧の戯言ですけど、以上です。
明日から早く寝ないと。
posted by yu at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

リンク集変更と「理解」について

■リンク集を少し変更
旧試での勉強方法が結構書いてあるブログを追加しました。
このブログよりも何倍も参考になるんじゃないかなと。

■「理解」の多義性
司法試験の勉強を始めてから7年目になるが、「理解」の大切さを耳がタコになるほど聞かされている。教授や弁護士、受験生まで幅広く使われている言葉であるが、具体的に「理解」の意味内容やその獲得方法についての説明を受けた事はない。むしろ、人によって使い方が異なっているので、かなり混乱している。


リンク集に追加した、「司法試験・G答案改造計画」に「理解」についての考察が少し書いてあったので、読んでみた。

そんで、結論から言うと、試験で問われる「理解」とは、『記憶した情報を問いとの関係で、出題者の意図していた形で表現できている状態のこと』をいうのではないかと。
そして、「情報の記憶無しには、試験で必要な『理解』は得られない」というのが個人的な意見です。



以下では、テキストでの知識獲得から問題分析・解答作成までの思考過程を書いてみる。下で使っている「把握」って言葉も多義的だと思うので、説明が難しい。。。


@インプットの場面(知識獲得の場面)
・文字を認識、言語の把握
・文章の論理構造を把握
・文章内の情報の存在を把握
・当該情報の典型的な適用場面(運用方法)の把握
・他の情報との相互関連性の把握(相違点や位置付けの把握)

→ここでの「把握」とは、記憶(暗記)作業のことだと思う。相互関連性とか体系的位置付けとか、「理解」の一要素として説明される場合もあるけど、これらも一つの情報であり、脳のデータベースに入れるべき対象なんだと思う。なぜ記憶の対象とすべきかというと、相互関連性や体系的位置付けなどの情報が過去問で繰り返し問われている事項だと思うから。「暗記主義」とか「機械的記憶」とかいう批判は、これらの情報が不足した状態を批判するものなのではないでしょうか。

Aアウトプットの場面(問題を解いて解答を作成する場面)
【問題分析】
・問題文に書かれている文字、言語を把握
・問いと、脳内データベースにある情報との関連性を把握
 ※記憶している情報とどこが同じでどこが違うのかという検証作業
【解答作成】
・書くべき情報の種類・順番・表現方法を選択
・手を動かす

→【問題分析の段階】では、問いと脳内のデータベースに記憶してある情報との検証作業が上手くいかなければ、問いから出題者が意図した事項を把握することができない。これは、「理解」していない、と評価される状態だと思う。
【解答作成段階】では、上記検証作業が上手くできている状態にあることを採点者(読者)に正確に伝達できなければ、「理解」していない、と評価されてしまう。

→上記アウトプット段階での「理解」とは、必要な情報を「記憶」していることを前提としているため、「記憶」の延長線上にある状態のことを意味しているのではないかと、個人的には考えている。

とまぁ、かなり長々と書いてみたけど、単なる「暗記」ではなく「理解」が大事だと言っている人たちに対して、「どんな意味内容で暗記とか理解とか言っているのか」ってことを説明してもらいたいイライラが最近とても溜まっているんだよね。
posted by yu at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

発表まで残り1ヶ月、戦略メモ

あっという間の3ヶ月だったなぁー。

■本試験で犯した自分のミス
本試験分析をまだ軽くしかやってないけど、
自分がやらかしたミスの傾向は以下の3つ。

@典型問題だけど、知識不足で分析・構成ミス(+文章表現ミス)。
A典型問題で分析・構成できたけど、文章表現ミス。
B応用問題で、基本からの思考が出来なかったというミス。

■本試験戦略
本試験には、典型問題と応用問題が出題される傾向にあるけど、典型問題で書き負けず、応用問題で喰らい付くって視点が大事だと思う。その2つの視点で事前に準備する必要がある。

得意科目と不得意科目がある場合、得意科目で応用問題が当たり、不得意科目で典型問題が出題されるパターンと、逆に、得意科目で典型問題、不得意科目で応用問題が出題されるパターンが考えられる。

得意科目なら典型問題でミスるリスクもあるけど、書き負けない答案を作りやすい。ただ、差があまり付かない。逆に応用問題では飛びぬける答案を書くこともあるが、不安定であり、周り同様に失敗するリスクもある。
これに対し、不得意科目では典型問題で凡ミスをやらかすリスクが高く、また、応用問題で周りと同様に失敗するリスクがある。

これらのリスクの中で、一番失点に結びつきやすいのは、「典型問題が不得意科目で出題され、凡ミスをやらかすリスク」だと思う。


そこで、全科目、典型問題を安定して処理できる事を目標に設定することになるんだけど、優先順位としては、処理できない問題が多い科目から始めるべき。
posted by yu at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ブログ読み返し

ふと、自分のブログを読み返してみた。

なぜそんな事書いた?って記述もあったり、
ややというか、結構恥ずかしいものだ。

でも、今の自分を奮い立たせてくれる言葉もあって
モチベーションがだいぶ高まった。
これからも、読み返す機会を作ってみようと思う。


読み返してみて感じたことは、
試験半年前と試験10日前とで
本来、時間の大切さは変わらないということ。

それなのに、去年の12月は
まだまだその大切さを意識できてなかった。
12月頃の自分はまだ、
直前期モードになり切れてなかったと思う。

直前期に後回しにするのではなく、とにかく今やること。
当たり前だけど、合否に関わらず意識しようと思った。
posted by yu at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

経験

再来週からローの後輩向け講義のバイトが始まる。
人に「教える」ことはまだまだできないが、
「伝える」ことはできるはず。

とにかく、レジュメ作りが大変。
無料とはいえ、時間という一番大事な資源を
投資してくれるわけだし、手を抜くことは出来ない。


人前で何かを説明する経験は、
ローの授業でも何度かあったけど、
事前準備が足りてなかったし、
あまり集中してやろうとしてなかった。
この点が一番後悔している。

なので、今回の講義バイトはいい経験になると信じて
頑張ります。
posted by yu at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。