2008年12月07日

勉強時の集中力

最近はだいぶ減ったけど、
「勉強をしなきゃならんのに、
全く集中できず居眠りばかりしてしまう」
時がよくあった。

目の前に開いてあるテキストは、
自分にとって最重要課題であるにもかかわらず、
なかなかやる気がでない。
そんな状態が続くと、どんどん勉強の計画が破綻して、
残された期間に比べて課題が多すぎ、
さらにやる気が無くなっていく。
合格も遠のいていく。


完全な時間の浪費である。
合格するためには、絶対に勉強しなければならない。
かといって、「努力」「根性」だけで
どうにかなるわけではないと思う。

私は、茂木さんの勉強に対する考え方が、
とても効果的な考え方だと思った。
それは、

「勉強という行為自体を好きになる」

一種の自己暗示かもしれないけど、
それで勉強が長時間できるなら喜んでする。
実際、今の私は、勉強という行為自体を楽しんでいる。
百選読んでても眠くならなくなった。
その代わり、頭の中での独り言が極度に多くなったが。
完全な変人(笑)


しかし、変人でも何でもいいから、
どうしても合格したい。
嫌々勉強している状態の方が、
ストレスが高くて抑うつ状態になったり、
時たま発狂しそうになるし、
むしろ楽しんで脳内変人の方が心身ともに安全な気がする。

あと、勉強している自分を自分で褒めるようになった。
もち脳内で。
「おっ!百選45個読んだのかー。すごいじゃん!」
って感じ。
これ結構いいと思う。次の勉強に繋がるイメージ。
人間は褒められると次も褒められたいと考える生き物だと思った。
posted by yu at 23:38| Comment(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。