2008年12月19日

木夜

今日は何も無い日と思いきや
スタ短民事4回目がありました。

結果は、民法35点、商法18点、民訴20点で、合計73/95点。
苦手な分野が多い中、まぁまぁな結果だと思う。

しかし、不確実な正誤判定が結構あったので
復習で知識を確実にしていきたい。
家族法と商法総則・商行為なんか特に厳しく感じた。


「知識は何度も繰り返さないと定着しない」
と本当に最近よく感じる。
何となく理解できたから大丈夫だろう
とそのままにしておくと、
きれいサッパリと忘れている。
若さとか全く関係なく。

学習方法の理想としては、その日のうちに、
学習した範囲を2・3回転したいんだけど、
時間管理が下手でなかなか実現できてない。
出来たとしても、重要部分の2回転ぐらい。

人によっては、
「忘れてから復習した方がいい」
って言う人もいるけど、
私としては、すぐ回転した方が
定着度が高いように感じている。
個人的な傾向に過ぎないのかもしれないけどね。

仮に2・3回しか回さないつもりなら
じっくりやって、忘れてからじっくり復習する方が
効率的かも。
しかし、科目の量が増えて知識問題中心となった択一対策としては、
じっくりやっている時間がないように感じる。

ちなみに、短期間で何度も回転する方法を採用することで
知識と知識の関連性を発見する瞬間が多くなった気がする。
「あれ?さっき出てきた事例と似てるぞ!」とか。
「さっき出てきた概念ってこうやって使うのかぁー」とか。
そんな発見があって面白い。すぐメモする。
これは、概念同士の「棲み分け」を図る上で重要な事だと思う。

相変わらずまとまりの無い日記になってしまったが
明日も早起きできるようがんばります。

posted by yu at 00:00| Comment(0) | 短答模試結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。