2009年03月10日

スタ論刑事1

目標達成ならず。6.5頁+4頁後半。つまり、11頁前半。※
配点バランスを考えるって目標は、刑法についてだけ上手く答案に反映できたつもり。論点テンコ盛りだった。

しかし、刑法は5分オーバーで、刑訴は設問4を充分に書くことが出来なかった。設問4の答案構成からすると1頁半はいけそうだったのに。。。字も最低に汚い。

今回のように時間不足に陥る最大の原因は、典型問題についての処理手順(構成・表現)が確立していない、という点にある。秒殺すべき設問で、「悩んで、思い出して」いる。そんな事している場合ではないのである。つまりは、勉強不足ってことだ。典型問題処理スピードが足りないと事実に喰らい付くことが厳しくなる。また、最大出力で思考を回転すべき現場思考問題に時間を使えなくなる。

来週こそは、13頁(メインを厚く、サブは薄く)を達成しよう。

※眠くてページ数え間違えました。6.5と5後半が正解。よって、12頁前半。
posted by yu at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。