2009年05月19日

感想@択一

疲れたぁー。本当にキツイですね。この試験。初日緊張して寝れない時点で精神的に負けてました。朝、昼、刑事系の前と、3回栄養ドリンク飲んで何とか乗り切った。すげー体に悪そう。

●択一
wセミナー解答。
・公法 65点(35、30)+5点(3肢選択2正解5つ)
・民事 114点(68、18、28)
・刑事 71点(31、40)+2〜5点(5肢選択4正解2つと3正解1つ)
 合計 250点+7〜10点

民訴を解き始めた時点で残り17分という時間不足状態でした。
そのためかマークをしっかり塗りつぶす余裕がなく、
マークミス多発の危険が。。。
マイナス10〜15点を予想しておいてもいいかも。
足きりがメッチャ怖い。
民訴が読み取ってくれなくて仮に0点だったら−28点。。。
部分点甘くみても、232点なら大丈夫だと信じたい。

≪科目別感想≫
・公法
憲法殆どまぐれ。旧試の憲法かよって思いながら解いていた。
wセミの解答が怪しい事実はなかったことにする。

・民事
民法はやはり貯金のおかげだった。難易度は易しめ。
ま、論文はだめだったけど。

会社法の知識はもう私の中には無かったのかもしれない。
葉玉を最後に回してから3ヶ月ぐらい経ってたな。
会社条文もあまり素読しなかったのが痛い。。

民訴はとにかく時間配分のミスが大きい。
要件事実までしっかり解きたかった。
商法総則とか捨てればよかった。

・刑事
解いているときは刑訴の方が難しかったが、
ラッキーパンチが多かったようだ。
刑事系の時点でかなり疲れてた。
眠すぎて刑法の問題文があまり理解できなかった。
もし落ちてたら来年は睡眠薬が必要だと思った。


●論文
明日以降、元気と勇気があったら、
各科目の再現構成を作ってみようと思います。


●今後
とりあえず、出来無すぎて泣きそう。
後悔先に立たずなんだけど、
やっぱ今までの生活の反省は必要。

仮に落ちていた場合、あと1回しか受けれないんだけど、
弁護士を諦めるつもりは今のところ無い。

そうすると、やはり9月までの過ごし方が、
これからの人生で重要になってくるんだと思う。
新しいスタートだと思って頑張ります。

posted by yu at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119779312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。