2009年08月17日

多忙・勉強基本姿勢

バイトの準備が終わらないよー。
今週が山場だ。相当な忙しさを覚悟せねば。


■勉強の基本姿勢
今日昼書いた記事読み返して、結構小難しいこと書いてるなぁって思った。でも、漠然と「理解」が大事だって言って、漠然と勉強するのは非効率すぎではないかと、そんな想いを抱いたので書きました。


では、どのように勉強すべきなのか、
ってのは難しいけど、今のところ、

@一つの知識について、出来る限り多くの関連情報を記憶する。
Aアウトプットの際に、似ている情報を記憶した情報から検索して、どこが同じで違うのかを論理的に検証する癖をつける


この2つのアプローチを徹底して意識していくべきなのではないかと考えてます。

@については、「記憶には限界がある」って批判もありえるけど、関連付けて記憶する方法は、エピソード記憶っていうのか、かなり多くの情報を記憶できるって聞いたことあるし、私の経験則上、このような記憶方法の限界ってなかなか訪れないのではないかと思います。ちなみに、私は、単純な記憶能力が高いわけではなく、6回読んでも忘れる知識なんてざらにあります。

おそらく、条文100個の文言をそのまま覚えるとか、判例を500個覚えるとか、そうゆう量的な記憶だと限界はありえるのかなぁって思うけど、「この判例とあの判例はここが同じ」「この論点の問題の所在はあの論点のそれとはこう違う」って情報は、判例や論点の内容を記憶し思い出すキッカケになると思うし、むしろ記憶を強化する方向に働く情報なんじゃないかなと思う。

Aについては、@で記憶した関連情報が検証作業のヒントになるような気がする。
そんで、Aの検証作業が上手くいって、採点者に上手くいった旨伝達できている状態を、試験で求められている「理解」なのではないかと。

まだ合格すらしていない小僧の戯言ですけど、以上です。
明日から早く寝ないと。
posted by yu at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125852188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。