2009年08月16日

リンク集変更と「理解」について

■リンク集を少し変更
旧試での勉強方法が結構書いてあるブログを追加しました。
このブログよりも何倍も参考になるんじゃないかなと。

■「理解」の多義性
司法試験の勉強を始めてから7年目になるが、「理解」の大切さを耳がタコになるほど聞かされている。教授や弁護士、受験生まで幅広く使われている言葉であるが、具体的に「理解」の意味内容やその獲得方法についての説明を受けた事はない。むしろ、人によって使い方が異なっているので、かなり混乱している。


リンク集に追加した、「司法試験・G答案改造計画」に「理解」についての考察が少し書いてあったので、読んでみた。

そんで、結論から言うと、試験で問われる「理解」とは、『記憶した情報を問いとの関係で、出題者の意図していた形で表現できている状態のこと』をいうのではないかと。
そして、「情報の記憶無しには、試験で必要な『理解』は得られない」というのが個人的な意見です。



以下では、テキストでの知識獲得から問題分析・解答作成までの思考過程を書いてみる。下で使っている「把握」って言葉も多義的だと思うので、説明が難しい。。。


@インプットの場面(知識獲得の場面)
・文字を認識、言語の把握
・文章の論理構造を把握
・文章内の情報の存在を把握
・当該情報の典型的な適用場面(運用方法)の把握
・他の情報との相互関連性の把握(相違点や位置付けの把握)

→ここでの「把握」とは、記憶(暗記)作業のことだと思う。相互関連性とか体系的位置付けとか、「理解」の一要素として説明される場合もあるけど、これらも一つの情報であり、脳のデータベースに入れるべき対象なんだと思う。なぜ記憶の対象とすべきかというと、相互関連性や体系的位置付けなどの情報が過去問で繰り返し問われている事項だと思うから。「暗記主義」とか「機械的記憶」とかいう批判は、これらの情報が不足した状態を批判するものなのではないでしょうか。

Aアウトプットの場面(問題を解いて解答を作成する場面)
【問題分析】
・問題文に書かれている文字、言語を把握
・問いと、脳内データベースにある情報との関連性を把握
 ※記憶している情報とどこが同じでどこが違うのかという検証作業
【解答作成】
・書くべき情報の種類・順番・表現方法を選択
・手を動かす

→【問題分析の段階】では、問いと脳内のデータベースに記憶してある情報との検証作業が上手くいかなければ、問いから出題者が意図した事項を把握することができない。これは、「理解」していない、と評価される状態だと思う。
【解答作成段階】では、上記検証作業が上手くできている状態にあることを採点者(読者)に正確に伝達できなければ、「理解」していない、と評価されてしまう。

→上記アウトプット段階での「理解」とは、必要な情報を「記憶」していることを前提としているため、「記憶」の延長線上にある状態のことを意味しているのではないかと、個人的には考えている。

とまぁ、かなり長々と書いてみたけど、単なる「暗記」ではなく「理解」が大事だと言っている人たちに対して、「どんな意味内容で暗記とか理解とか言っているのか」ってことを説明してもらいたいイライラが最近とても溜まっているんだよね。
posted by yu at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

発表まで残り1ヶ月、戦略メモ

あっという間の3ヶ月だったなぁー。

■本試験で犯した自分のミス
本試験分析をまだ軽くしかやってないけど、
自分がやらかしたミスの傾向は以下の3つ。

@典型問題だけど、知識不足で分析・構成ミス(+文章表現ミス)。
A典型問題で分析・構成できたけど、文章表現ミス。
B応用問題で、基本からの思考が出来なかったというミス。

■本試験戦略
本試験には、典型問題と応用問題が出題される傾向にあるけど、典型問題で書き負けず、応用問題で喰らい付くって視点が大事だと思う。その2つの視点で事前に準備する必要がある。

得意科目と不得意科目がある場合、得意科目で応用問題が当たり、不得意科目で典型問題が出題されるパターンと、逆に、得意科目で典型問題、不得意科目で応用問題が出題されるパターンが考えられる。

得意科目なら典型問題でミスるリスクもあるけど、書き負けない答案を作りやすい。ただ、差があまり付かない。逆に応用問題では飛びぬける答案を書くこともあるが、不安定であり、周り同様に失敗するリスクもある。
これに対し、不得意科目では典型問題で凡ミスをやらかすリスクが高く、また、応用問題で周りと同様に失敗するリスクがある。

これらのリスクの中で、一番失点に結びつきやすいのは、「典型問題が不得意科目で出題され、凡ミスをやらかすリスク」だと思う。


そこで、全科目、典型問題を安定して処理できる事を目標に設定することになるんだけど、優先順位としては、処理できない問題が多い科目から始めるべき。
posted by yu at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ブログ読み返し

ふと、自分のブログを読み返してみた。

なぜそんな事書いた?って記述もあったり、
ややというか、結構恥ずかしいものだ。

でも、今の自分を奮い立たせてくれる言葉もあって
モチベーションがだいぶ高まった。
これからも、読み返す機会を作ってみようと思う。


読み返してみて感じたことは、
試験半年前と試験10日前とで
本来、時間の大切さは変わらないということ。

それなのに、去年の12月は
まだまだその大切さを意識できてなかった。
12月頃の自分はまだ、
直前期モードになり切れてなかったと思う。

直前期に後回しにするのではなく、とにかく今やること。
当たり前だけど、合否に関わらず意識しようと思った。
posted by yu at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

経験

再来週からローの後輩向け講義のバイトが始まる。
人に「教える」ことはまだまだできないが、
「伝える」ことはできるはず。

とにかく、レジュメ作りが大変。
無料とはいえ、時間という一番大事な資源を
投資してくれるわけだし、手を抜くことは出来ない。


人前で何かを説明する経験は、
ローの授業でも何度かあったけど、
事前準備が足りてなかったし、
あまり集中してやろうとしてなかった。
この点が一番後悔している。

なので、今回の講義バイトはいい経験になると信じて
頑張ります。
posted by yu at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

近況

更新をだいぶ怠っていたが、アクセス数が減らなかった。
こんなブログでも立ち寄ってくれる方がいることに感謝してます。


最近は就活も停滞気味。
来週説明会一つ参加して、発表前就活を止めにする。

公募ではスペック美人に勝てる見込み無し。
正直、同じ年の優秀くん・さんが順当に内定を取れていることに焦るね。



そんな弱音を彼女にもらすと、
「焦るな。
自分が何をやりたいのか、
なぜ弁護士になりたいのか、
忘れないように。
納得いく就職が出来るよう
今から準備しなさい。」
と喝をいただく。

たしかにその通り。
8月はバイト中心の生活になるけど、
あいま見てコツコツ準備しよう。




合否について。受験新報の解説読みました。少しね。
憲法と民訴はそこまでずれていない。
民訴設問1の解説は少し混乱してるような感じもしたけど。
他の科目はというと、手痛い評価もありえるかも。
受かったとしても、ギリギリ感たっぷりだ。
自分より優秀な答案書いた人が2000人はいると思う。


今更悔やんでも、何も変わらない。
大事なのは敗因分析だな。
「負けに不思議の負けなし」だ。
posted by yu at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。